会社の沿革
 当社は、故山田恭二が昭和27年に吉原工場の個人創業に始まる。
昭和29年 旧丸元産業を買収し富士工場として操業に入るとともに、
法人に改め現社名となる。
昭和39年 富士工場に2号機を設置し、特種板紙の分野に進出。
昭和44年 旧昭和物産を買収、富士岡工場とし、果育袋原紙を専抄。
昭和45年 富士工場に3号抄紙機を増設。
昭和58年 本社を富士工場に移す。
昭和58年 旧アルファ株式会社を買収して本社工場に合併。
昭和61年 社長に山田勲が就任。
平成 8年 隣接地取得。
平成 9年 ボイラー燃料をLNGに転換。
平成15年 果育袋の需要減により富士岡工場の生産を中止。
会社概要 主要設備 会社沿革